臨床医がハンズフリーかつ音声コマンドで患者の電子カルテを操作して文章化する

Vuzix Blade上で動作するSeeColeは、ベッドサイド、診察中、隔離エリア、および手術室で、患者との視線をそらすことなく、患者データをハンズフリーで文章提供します。拡張現実感ソリューションは臨床医の視野内で患者データを無線で提供し、臨床医が自由に操作し、臨床医と患者との対話を増やすことを可能にします。

エンタープライズとコンシューマー向けにスマートグラス、AR(拡張現実感)技術のリーディングサプライヤーであるVuzix Corporation (ビュージックス コーポレーション、ナスダック市場上場:VUZI、東京支店長:藤井 慶一郎)は、臨床医がハンズフリーかつ音声コマンドで患者の電子カルテを操作して文章化することを可能にするVuzix Bladeに対応したアプリケーションであるseeCOLe (see Clinical data On Lens)が、10月9日から11日にモンタナ州のカンザスシティーで開催された2018 Cerner Health ConferenceのCerner Corporation Code App Challengeにて表彰されたことを発表いたします。

Bladeスマートグラスに対応したseeCOLe

Vuzix Blade for Medical Use


Cerner Corporationの保健技術は、世界中の27,500以上の契約施設で人と情報システムを結びつけ、個人や地域社会にとってよりスマートでより良いケアを提供することに専念しています。
技術革新のために世界的に認められているCernerは、医師のケア意思決定を支援し、組織の人口の健康管理に役立ちます。

Cernerは年1回Cerner Health Conferenceで毎年何千人もの医療専門家を集めていて、今年のカンファレンスでは、サードパーティの開発者やCernerの健康システムに、健康成果を向上させる革新的なソリューションを作成、開発、発表する機会を提供するコードApp Challengeを開催しました。

「Clinical data on Lens」の略語であるSeeColeは、スマートグラスを使って臨床医が組織の電子健康記録システムに情報を操作して文書化することを可能にし、FHIR(Fast Healthcare Interoperability Resource)でSMARTを使用する拡張現実感健康アプリケーションです。seeCOLeを使用している間、臨床医は音声コマンドで電子カルテと操作し、患者のチャートからデータを入力し、Vuzix Bladeスマートグラスに表示することができます。
患者のデータにアクセスすると、seeCOLeアプリケーションは音声またはタッチ機能を介してコーチングされ、患者の記録を閲覧することができます。
Vuzix Blade上で動作するSeeColeは、ベッドサイド、診察中、隔離エリア、および手術室で、患者との視線をそらすことなく、患者データをハンズフリーで文章提供します。
拡張現実感ソリューションは臨床医の視野内で患者データを無線で提供し、臨床医が自由に操作し、臨床医と患者との対話を増やすことを可能にします。

Vuzix Corporationについて

VUZIXはコンシューマー、コマーシャルおよびエンターテインメント市場における、ビデオアイウェアとスマートグラス製品の大手サプライヤーです。
同社の製品はポータブルで高品質な視覚体験をユーザーに提供するパーソナルディスプレイ機器や仮想現実や拡張現実用のソリューションを提供ウェアラブルコンピューティング機器があります。
防衛産業における次世代のディスプレイ・ソリューションの研究開発から始まったVUZIXは、ビデオアイウェアの分野で62件の特許と71件特許申請中であり、多くの知的財産を所持しています。
同社は、コンシューマー・エレクトロニクス・ショーの「Innovation Award」を2005年から2018年までさまざまなワイヤレステクノロジ関連のアワードを受賞しています。
1997年創立のVUZIXは、米国NASDAQ市場に上場する企業(Nasdaq: VUZI)であり、ロチェスター(ニューヨーク州)、オックスフォード(英国)、バルセロナ(スペイン)および東京(日本)に拠点を置いています。
製品名および会社名は、それぞれの会社の商標または登録商標です。