1月18日に新商品発表会
東京ビッグサイトで実施される展示会にも出展予定

企業・教育機関などを対象として、3Dデジタルツールの販売・サポートを手がけている日本3Dプリンター株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役:北川士博)は1月15日(火)、EinScan新シリーズのEinScan Pro 2XとEinScan Pro 2X Plusの販売を開始します。低価格でありながら高精度での3Dスキャンが可能。
1月18日(金)には、新商品発表会を行います。

▼日本3Dプリンター株式会社|公式サイト:https://einscan.net
 

■昨年2月に4機種発売、高評価を得てさらに新シリーズ2機種が登場

3Dスキャナは教育機関や模型業界、製造業などで使用されており、対象物を3Dスキャンして、そのデータをリバースエンジニアリングに活用するものです。当社では昨年2月にEinScanシリーズ4機種の販売を開始。多くの方に高い評価をいただいたことで、今年、新シリーズの2機種も販売することにしました。
新シリーズは低価格を維持しながら、高精度に3Dスキャンをすることが可能です。卓上でもハンディとしても、様々な用途で使用することができます。操作は簡単で、商品に3DCADがバンドルされているので、スキャン後のデータ修正やCAD形式への変換も可能です。

EinScan Pro 2Xは業界トップクラスのスキャンスピード(非レーザー式)を誇り、従来から3倍アップ(同社比)して30fpsかつ毎秒150万ポイントのスキャンデータを取得。最大0.04ミリのスキャン精度で、CADデータへの変換ソフトを標準装備しているため、低価格帯の3Dスキャナとしては初めてリバースエンジニアリングを可能にしました。

オプションでカラーモジュールをセットすれば、高解像度のカラー取得が可能です。制御ソフトウェアの「EXSCAN PRO」は使いやすいユーザーインターフェースが特長であり、操作中にスキャン速度の制御や、スキャン後に解像度の設定を行うことができます。書き出しデータはSTL、OBJ、PLY、ASC、3MF、P3といった様々な形式が可能。本体重量1.13キログラムと中型のノートパソコンと同程度の重さで、持ち運びにも便利です。

EinScan Pro 2X Plusはスキャン範囲が5.1メートルとさらに広く、小さな部品から車のような大きな製品までのスキャンを可能としました。
 
 

■新商品発表会は1月18日、東京ビッグサイトの展示会2つに出展

当社では1月18日(金)に、新商品発表会を当社オフィスで、午後16時から開催いたします。商品紹介や実機デモを行い、その高い性能を直接体験していただく予定です。

新商品発表会の申し込みフォーム|https://einscan.net/news/press0125

また新シリーズの2機種は1月30日(水)〜2月1日(金)に行われる「TCT Japan」、2月6日(水)〜8日(金)に行われる「日本 ものづくり ワールド2019」における「第30回設計・製造ソリューション展」に出展いたします。会場はいずれも東京・江東区の東京ビッグサイトです。
 
 
<EinScan Pro 2X商品概要>
・商品名:EinScan Pro 2X
・スキャン精度:0.04ミリ
・スキャン範囲:0.2〜4メートル
・スピード:30fps
・本体サイズ:37×36.5×13.5ミリ
・本体重量:1.13キログラム
 
 
<EinScan Pro 2X Plus商品概要>
・商品名:EinScan Pro 2X PLUS
・スキャン精度:0.04ミリ
・スキャン範囲:0.2〜5.1メートル
・スピード:30fps
・本体サイズ:37×36.5×13.5ミリ
・本体重量:1.13キログラム
 
 
 
【日本3Dプリンター株式会社について】
本社:〒135-0063 東京都江東区有明3-7-26 有明フロンティアビルB棟2階
代表者:代表取締役 北川士博
設立:2013年10月
電話番号:03-6683-9789
URL:https://einscan.net
事業内容:3Dプリンター、3Dスキャナ等の3Dデジタルツールの販売
 
【一般の方向けのお問い合わせ先】
企業名:日本3Dプリンター株式会社
担当者名:福田 隆
TEL:03-6683-9789
Email:info@3dprinter.co.jp