株式会社meleap(所在地:東京都千代田区、CEO:福田 浩士)が開発運営する最新ARスポーツ「HADO」の 世界選手権「HADO WORLD CUP 2019」が2019/12/15(日)に開催されました。世界9つの国と地域の代表16チームが集結し、世界王者の座と優勝賞金200万円をかけて熱戦が繰り広げられたほか、様々なパフォーマンスや最新AR技術を体験できるブース等を展開し、会場全体が熱気に包まれた世界一を決めるに相応しい大会となりました。

最新AR技術を使ったテクノスポーツ『HADO』の世界一決定戦「HADO WORLD CUP 2019」が12/15(日)に渋谷ヒカリエホールにて開催されました。
4年目の開催となった今大会はHADOの大会史上最多となる676名のお客様が来場し、大歓声が響き渡る中、世界王者の座をかけた熱い戦いが繰り広げられました。

WORLD CUP 2019 大会結果

「HADO WORLD CUP 2019」は、9つの国と地域の代表16チームが出場しました。
大会の結果は下記の通りです。

<上位チーム>
1位(賞金200万円):和心
2位(賞金50万円):ヒュブリス
3位(賞金20万円):BuG Bro.

CLIMAXシーズン好調で今大会の優勝候補にもあげられていた「ヒュブリス」と、1年ぶりのグランドスラム大会出場の「和心」が顔を合わせた決勝戦。
撃ち合いとなった第1ラウンドを制したのは「和心」
運命の第2ラウンドは「和心」がシールド特化のプレイヤーを二人使うという作戦で序盤からのリードを守りきり、見事2連勝。悲願の世界一の座に輝きました。
また、「BuG Bro.」が最古参チーム「わちゃごな☆ピーポー」をフルセットの末破り、見事3位入賞。来シーズンのさらなる飛躍が期待されます。

和心


ヒュブリス


BuG Bro.

さらに、活躍したチームやプレイヤーに3つの特別賞が贈られました。

<特別賞>
ベストチャレンジャー賞(賞金10万円):Team MAS
ベストパフォーマンス賞(賞金10万円):わちゃごな☆ピーポー
ゴールデンエナジー賞(賞金10万円):津軽三味線健太郎君

ベストチャレンジャー賞には今大会唯一日本チームを破り、決勝トーナメントへと駒を進めたマレーシア代表の「Team MAS」が輝きました。
ベストパフォーマンス賞は、試合終了0.5秒で2点を返しオーバータイムへと持ち込み勝利した一戦で会場を沸かせた「わちゃごな☆ピーポー」が獲得。
大会MVPとなるゴールデンエナジー賞を手にしたのは、決勝戦第2ラウンドの多大なプレッシャーの中、唯一のアタッカーとして6得点をあげた津軽三味線健太郎君選手となりました。

Team MAS


わちゃごな☆ピーポー


津軽三味線健太郎君

大会はYouTubeで生中継され多くの方にご観戦頂きました。

WORLD CUP 2019 大会概要

大会名:HADO WORLD CUP 2019
開催日:2019/12/15(日)
開場/開演:12:00/13:00
会場:渋谷ヒカリエ ヒカリエホール
公式WEB:https://hado-official.com/tournament/2019season/world-cup/

試合の合間にはHADOのPRチーム「HADO CREW」によるダンスパフォーマンスも行われ、セクシーでクールなステージで会場を盛り立ててくれました。

HADO CREW

他にもWORLD CUP限定のオリジナルグッズの販売や出場チームによる物販コーナー、寿司や軽食の販売、HADO体験ブースなど、スポーツエンターテインメントとして子どもから大人まで誰もが一日中楽しめる大会になりました。

2020年シーズンもより熱狂を生む次世代スポーツの祭典を開催していきますので、ご期待ください!

HADOとは

HADO(ハドー)とは、頭にヘッドマウントディスプレイ、腕にアームセンサーを装着して技を放つ、AR技術を使ったスポーツです。3対3のチームに分かれ、エナジーボールやシールドなどの技を駆使し、80秒間の試合時間で点数を取り合って対戦します。
現在、当社はHADOシリーズをアジア、北米、南米、ヨーロッパ、中東、アフリカなど世界26ヶ国65箇所以上に店舗を展開し、延べ130万人以上が体験しています。

【meleap 会社概要】
社名:株式会社meleap
設立:2014年1月24日
資本金:6億5554万円(資本剰余金含む)
所在地:東京都千代田区内幸町1丁目1-6 NTT日比谷ビル8階
代表:CEO 福田 浩士
URL:https://meleap.com/
お問合せ:http://bit.ly/hadoforms2