VR映画『Feather』は、2019年12月19日(木)より、有楽町マリオンにあるコニカミノルタプラネタリア TOKYOのVRエリア「VirtuaLink」にて日本初公開いたします。

VR映画『Feather』について

本作品はこれまで、2019年のヴェネツィア国際映画祭VR部門「VENICE VIRTUAL REALITY」でワールドプレミアが行われたのを皮切りに、釜山国際映画祭「VR Cinema」、ジュネーブ国際映画祭「STREAM」、江陵国際映画祭「VR Lounge」と、世界各国の映画祭VR部門にノミネートされました。

Feather_Still_7

VR・3DCGアーティストの伊東ケイスケ氏が監督し、VR映画プロデューサーの待場勝利氏がプロデューサーを務めるVR映画『Feather』は、2019年12月19日(木)より、有楽町マリオンにあるコニカミノルタプラネタリア TOKYOのVRエリア「VirtuaLink(読み:バーチャリンク)」にて日本初公開いたします。

公開に先立ち、一足早く『Feather』をご体験頂いたVR業界やアニメ業界の有識者の皆さまから、続々と応援のメッセージを頂いております。

【応援メッセージ】

■株式会社ハコスコ代表取締役 藤井直敬 様

株式会社ハコスコ代表取締役 藤井直敬様


「Featherの体験は上質でやさしい。VRの特徴である劇場性とインタラクションを上手に使い、これみよがしではないけれど心に残る素晴らしい映像表現を作り上げた。」


■株式会社IntoFree 代表取締役 西川美優 様

株式会社IntoFree 代表取締役 西川美優 様

「『ストーリーを楽しみたいなら、VRより映画館の大型スクリーンのほうが良いのでは?』『VR…難しそうだし、私には縁がなさそう』『VRってゲームをするものでしょ?』そんなあなたに是非一度体験して頂きたいのが”Feather”です。自分がストーリーの中に入りこんで『目撃』する新感覚と、本のページをめくるような簡単な操作で物語を自分の意志で『進める』ことで、物語があなたの身体に浸透していきます。体験後、2Dの映画を観たときよりも、物語の細部を覚えている自分に気がつくことでしょう。」

■株式会社エクシヴィ 代表取締役社長 近藤”GOROman”義仁 様

株式会社エクシヴィ 代表取締役社長 近藤GOROman義仁 様


「Featherという作品を体験させていただいて、従来の二次元平面の限られたスクリーンでは表現できないであろう新たな感動を覚えました。映像のクオリティ、ナラティブ性、インタラクティブ要素。心に響く作品です。」

■アニメーション作家 野村辰寿 様
「大抵の3DCG映像は、2Dのアニメーションと違い、データ上にデジタル空間が作られている。それ故に、その世界に没入させるVRには打ってつけの手法である。リアルなものからメルヘンチックはものまでどんな世界に誘うこともできるし、インタラクティブな要素を加えることもできる。本作『Feather』は、作り込まれた絵本のような空間で、オーディエンス(プレイヤー)が劇中のアイテムに触れることで物語が進んでいく。今までのスクリーンやモニターを通して物語を見せられてきた映画やテレビとは違い、360度上下左右に広がる空間性を使った「まさにそこにいる」感覚である。まだまだこれからの VRは、さらに感覚的なインタラクションを加えてもっと進化していくだろう。そういった大いなる可能性の片鱗を本作に見せてもらった。」

【Feather 作品概要】

■期間:2019年12月19日(木)~ ※上映終了時期未定
■時間:約30分 ※VR機材の着脱含む
■料金:大人/1,500円 子ども(7歳以上中学生未満)/900円
■場所:コニカミノルタプラネタリア TOKYO VirtuaLink (VRアトラクション)
■詳細:https://planetarium.konicaminolta.jp/planetariatokyo/program/virtualink/autumn_19/
※鑑賞料金を含む詳細は、上記URLよりご確認ください。
■スケジュール:https://planetarium.konicaminolta.jp/planetariatokyo/schedule/
※曜日、時節によって上映時間が異なります。上記URLよりご確認ください。
※7歳未満のお子様は本作品を体験いただけません。

【Feather 予告編・あらすじ】

Featherは、ちいさな人形の少女がバレエダンサーになる夢を目指す物語です。古い屋根裏部屋にひっそりと置かれているドールハウスの中で、ストーリーは繰り広げられます。
Featherとは、『勇気』や『はげまし』の意味を内包するシンボルです。白くて軽くて、フワッとした羽の形をしています。少女が何らかの困難にぶつかった時、体験者のもとにFeatherが現れます。体験者は少女を見守るだけでなく、Featherを掴んで少女に手渡すことで、インタラクティブに作品の世界と関わることができます。
少女はFeatherを受け取りながらすくすくと成長していき、バレエダンサーになる夢へと突き進んでいきます。

【Feather 制作チーム】

■監督:伊東ケイスケ(VR・3DCGアーティスト)
■音楽:森下唯(ピアニスト)
■プロデューサー:待場勝利(Supership株式会社VR戦略企画室 / VR映画プロデューサー)
■アシスタントプロデューサー:大橋哲也(CinemaLeap代表取締役)

本作品の監督は、VR&3DCGアーティストの伊東ケイスケ氏です。CG特有の冷たさを感じさせない、暖かな表現を追及している伊東監督は、本作品でも可愛らしいキャラクターと精緻なCGアニメーションによって、心温まる世界観を作り出しています。
音楽は、ピアニストの森下唯氏が手がけています。少女の心情の変化に合わせて心に染み渡るような音楽を紡ぎ出し、空間音声を用いて立体的に表現することで、体験者を物語の世界へと誘います。
プロデューサーは、これまで数々のVR映画を生み出してきた、VR映画プロデューサーの待場勝利氏が務めており、日本のみならず世界中の多くの人々に楽しんで頂ける作品に仕上がっています。
アシスタントプロデューサーは、株式会社CinemaLeap代表取締役の大橋哲也が務め、本作品の配給および広報宣伝活動等を行っています。

【Feather 公式HP・SNS】

■公式HP
http://keisukeitoh.com/feather.html

■公式SNS
・Facebook:https://www.facebook.com/FeatherVR (@FeatherVR)
・Twitter:https://twitter.com/FeatherVR (@FeatherVR)
・Instagram:https://www.instagram.com/feathervr/ (@feathervr)